スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンターの種類やメーカーについて

・プリンターの種類について

プリンターはインクジェットプリンターレーザープリンターに分類されます.
インクジェットプリンターは家庭用や小型事務所用,レーザープリンターは事業用と考えれば大丈夫です.

・インクジェットプリンター
インクと呼ばれる液体を用いて印刷する.
本体価格が安く,写真がきれいに印刷できるので主に家庭や小型の事務所などで使われている.
反面,印刷速度が遅かったり,長期間印刷しないとインク詰まりを起こしてしまうなどの弱点もある.

・レーザープリンター
トナーと呼ばれる粉を用いて印刷する.
印刷速度が速く,1枚あたりのコストが安いため,月に数百枚以上印刷するようなビジネスで使用されている.
初期費用や消耗品がかなり高く,消費電力も大きいので,家庭用には向いていない.
ただし,モノクロレーザープリンターは家庭でもある程度使われている.


・プリンターのメーカーについて
現在日本で販売されているプリンターは[Canon・EPSON・brother・Hp]の4社の製品が中心です.

[Canon]
文章・写真両方の画質が高く,インクコストも抑え目のバランスのよいメーカー.
しかし,大きさや鮮やかさではEPSONに,インクコストではbrotherに劣っているので,
大きな長所がないのが特徴であり短所でもある.
カメラ販売もしていることもあり,長年培った技術力は非常に高いメーカー.

[EPSON]
高画質のEPシリーズ,耐水性の高いPXシリーズを販売している.
コンパクトなプリンターが多い反面,インク代や本体価格が高め.

[brother]
インクコストが安く,低価格かつ多機能なシリーズを販売している.
コストパフォーマンスの高いメーカーだが,印刷精度は他メーカーに一歩劣る.
インク代を抑えたい人や,予算に余裕がない方にお勧めのメーカー.

[Hp]
世界中でプリンターを販売している海外メーカー.
本体価格が非常に安いので初期投資は安くすむが,初期不良やインク代の高さに悩む人も多い.
紙媒体の取扱説明書が入っていなかったり,日本でのサービスが限定的であることから,
このサイトでは基本的にHpのプリンターは紹介していません.

プリンターについてに戻る
プリンターの選び方一覧に戻る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。